ナイアガラの滝 ミニ知識

  • ナイアガラの滝は、五大湖のうちエリー湖、ヒューロン湖、ミシガン湖、スペリオル湖の4つの湖を水源とします。滝を流れ落ちた水は、ナイアガラ川を下ってオンタリオ湖へ注ぎ、セント・ローレンス川を経由して大西洋に流れ込みます。
  • ナイアガラの滝の水量は元々毎時208億リットルでしたが、現在はこのうちの半分が米国とカナダの水力発電に取水されています。
  • 滝つぼの深さは平均52メートルで、ナイアガラ渓谷の堤防の高さに匹敵します。
  • ナイアガラの滝はカナダ滝、ブライダルベール滝、アメリカ滝の3つ滝の総称で、カナダと米国の国境を形成しています。
  • 魚も滝から落ちますが、その約90%が生存しています。専門家によると、激流によって生じる白い泡がクッションになっているということです。
  • 1800年代、冬のナイアガラの滝はほぼ凍結した状態で、水がちょろちょろと崖を流れ落ちる程度でした。
  • 毎秒200万リットルの水がナイアガラの滝を流れ落ちています。
  • 米国の飲料水の約20%がナイアガラの滝を通過しています。
  • ナイアガラの滝の地形は氷河期に形成されたものです。
  • 映画の『スーパーマン』やマリリン・モンロー主演の『ナイアガラ』にはナイアガラの滝で撮影されたシーンがでてきます。